多管式熱交換器

多管式熱交換器画像 多管式熱交換器は、その汎用性と経済性から、多くのユーザー様に使用されています。

当社では、大型の機器においても、管板や液室をモノブロックから切削加工するため、貼り合わせによる接着面がありません。

右写真は、当社でも最大クラス(シェル径70インチ)の熱交換器ですが、管板、液室(最大外径φ1940mm)はモノブロックとなっております。



多管式熱交換器は、シェルブロック型(円柱型)熱交換器と比べ、以下の利点があります。

  • プロセス側のガスケット枚数が少ないため、ガスケット交換が容易
  • 漏れが生じた場合、漏れチューブの特定が容易であり、現地での検査が可能
    (シェルブロック型の場合は、ブロック一つ一つの検査が必要)
  • 漏れチューブの交換やプラグ打ちによる漏れの修理が簡単
    (シェルブロック型の場合は、ブロック交換が必要)


伝熱管の標準寸法

伝熱管の外径×内径寸法(mm)は、以下の寸法のものがあります。

  • 22A:φ32×φ22
  • 25A:φ38×φ25
  • 40A:φ51×φ38

伝熱管径が細いほど伝熱管ピッチ寸法を小さく設定でき、シェル径内の本数を増やすことができるため、同一シェル径比では伝熱面積をより大きくすることができます。スラリーやジェル状の流体の場合は、伝熱管内径を大きくすることにより、詰まりにくくすることができます。

伝熱管の有効長さは、1000~6000mmから任意に設定することが可能です。
(4000mmを超える場合は、繋ぎ処理となります。)



標準型式の伝熱面積

標準型式の見方

例)10ES11-4B014

   10…シェル内径(インチ)

   ES…多管式

   1…管外流路数(胴側流路数)

   1…管内流路数

   -4…伝熱管径
     無:22A(φ22 ID)
      4:25A(φ25 ID)
      5:40A(φ38 ID)

   B…伝熱管有効長
     A:2000mm、B:3000mm、C:3500mm、D:4000mm、
     E:4500mm、F:5000mm、G:5500mm、H:6000mm

   014…伝熱管本数



一般的な仕様


対応法規第一種圧力容器、第二種圧力容器、小型圧力容器など
シェル材質炭素鋼、ステンレス鋼、各種ゴムライニング、PTFEライニング、
Zrライニング、FRPなど
液室材質トーカベイト、各種ゴムライニング、PTFEライニング、Zrライニング、
FRPなど
邪マ板材質炭素鋼、ステンレス鋼、トーカベイト、PVCなど
据付け方向水平、垂直、傾斜